演奏会案内


 
7月14日(日)片山旭星勉強会 琵琶本語り
会場 : 箏の内貴2F
       京都市左京区大和大路通四条下ル4丁目小松町557番26
        川端通り団栗通東入ル2筋目上ル
          Tel,075-551-5011
時間 : 午後5時開演  (午後4時半開場)
曲目 : 「平野国臣」 「安達ヶ原」
料金 : 2000円
お問い合わせ  Tel&Fax 075−702−6722(矢崎)
   E-mail:kyokusei@kce.biglobe.ne.jp 

 
「平野国臣」
徳川幕府の末、筑前の志士平野国臣は、勤皇倒幕のため但馬国生野で挙兵するが、程なく幕府軍に捕らえられ、京都は六角の獄舎に繋がれた。禁門の変を端にして発生した火災は獄舎にも及ぶが、倒幕の志士たちは解放を許されず、獄卒の槍を胸に受けて果てた。享年37歳。

「安達ヶ原」
那智東光坊の阿闍梨祐慶は諸国修行の旅の途中、陸奥の安達ヶ原にて宿りを乞うた。その家の老婆は、寒さをしのぐため山へ木を取りに行くが、決して閨を覗くなと言って出かける。覗いてみると、其処は屍の山。老婆は鬼女であった。福島県安達太良山に伝わる伝説。




6月16日(日)第31回「沙羅の宴」
会場 : 法然院 方丈
      京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30
       Tel,075-771-2420
時間 : 午後4時開演  午後3時半開場
演目 : 「経正都落ち」「屋島」「那須与一」
参加料: ご予約 2500円  当日 3000円 (お茶菓子付き 80人まで)
       中・高・大学生・22歳以下の勤労者 1500円
お申し込み・お問い合わせ
     法然院 Tel,090-1899-3689 Fax,075-752-1083
     法然院サンガ E-mail:byakurenja25@docomo.ne.jp



4月14日(日)片山旭星勉強会 琵琶本語り
会場 : 箏の内貴2F
       京都市左京区大和大路通四条下ル4丁目小松町557番26
        川端通り団栗通東入ル2筋目上ル
          Tel,075-551-5011
時間 : 午後5時開演  (午後4時半開場)
出演 : 片山旭星(筑前琵琶)
曲目 : 「白峯」 「大楠公」
料金 : 2000円
お問い合わせ  Tel&Fax 075−702−6722(矢崎)
   E-mail:kyokusei@kce.biglobe.ne.jp 

 
「白峯」
諸国を巡る西行は、崇徳院の菩提を弔うため讃岐国白峯を訪れる。歌を捧げ、経文を読誦していると、崇徳院の霊が現れ、世の乱れは自らの仕業であり、後の天下の大乱を予言する。西行は種々諫めるが、これ以上の説得を諦めて押し黙った時、峰や谷が揺れ動き、崇徳院は魔王の姿となり、怪鳥が現れる。(上田秋成作「雨月物語」より)

「大楠公」
延元元年5月、九州より京都奪還を目指し東進する足利尊氏に対し、楠木正成は5百余騎を引具して兵庫に下る途中、桜井の駅で嫡子正行に後事を託して故郷に帰す。そして、10万余騎ともいわれる足利勢に湊川で戦いを挑むが、6時間の合戦の末、楠木軍は次第に数を減らし、遂に73騎となる。正成は弟正季と刺し違えて自害する。




4月13日(土)優絃社 第22回定期演奏会
会場 : いずみホール
      大阪市中央区城見1−4−70住友生命OBPプラザビル
       Tel,06-6944-2828
時間 : 17:00開演  16:00開場
出演 : 指揮   金子正樹
     尺八   星田一山  阪口夕山他
     琵琶   片山旭星
     打楽器  中西京子 安松谷実季
     箏・三弦 優絃社 会員
曲目 : キラキラ星の主題による変奏曲(中村洋一)
     さくら・グラフ(吉崎克彦)
     砧三章(沢井忠夫)
     瑠璃の空に(江戸信吾)
     園の秋(菊岡検校)
     子供のための組曲(長沢勝俊)
入場料: 3000円
連絡先   中村洋一 Tel,06-6843-0143





3月11日(月)東北関東大震災 物故衆生 9回忌 追悼法要
会場 : 法然院
      京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30
       Tel,075-771-2420
時間 : 午前10時半   「法要」
     午前11時15分 「東北関東大震災の被災地に向けて追悼と希望の鐘を鳴らす」
     午前11時45分 「追悼の舞と演奏」
               由良部正美(舞) 片山旭星(琵琶)
     午後0時半〜   「粗食呈上」
参加  御志納
お問い合わせ
    法然院 Tel,090-1899-3689 Fax,075-752-1083
    法然院サンガ E-mail: byakurenja25@docomo.ne.jp

準備の都合上、ご参加いただける方は3月8日までに法然院サンガまで申込みください



2月17日(日)片山旭星勉強会 琵琶本語り
会場 : 箏の内貴2F
       京都市左京区大和大路通四条下ル4丁目小松町557番26
        川端通り団栗通東入ル2筋目上ル
          Tel,075-551-5011
時間 : 午後5時開演  (午後4時半開場)
出演 : 片山旭星(筑前琵琶)
曲目 : 「辨の内侍」 「倶利伽羅峠」
料金 : 2000円
お問い合わせ  Tel&Fax 075−702−6722(矢崎)
   E-mail:kyokusei@kce.biglobe.ne.jp 

 
「辨の内侍」
右少弁日野俊基の娘、辨の内侍は後村上天皇に仕えていたが、内侍に想いを寄せた高師直は、内侍の伯父、日野三位行氏の妻を名乗った偽の手紙で内侍を誘い出し、家臣に命じ連れ去ろうとするが、そこに楠正行が現れ、内侍を救い出す。天皇は内侍と正行を結ばせようとするが、正行はこれを固辞する。

「倶利伽羅峠」
平家軍は平維盛を将として木曽義仲追討に向かい、砺波山倶利伽羅峠に陣を構え義仲軍と向かい合った。義仲は自軍を七手に分け平家軍を囲みつつ、鏑矢の射込み合いのみで勝負を避け夜を待った。義仲軍の夜襲に平家軍は驚き慌て、人馬もろとも倶利伽羅谷へと追い落とされた。(巻第七 倶利伽羅落しの事)




2月16日(土)虫丸独儀開始30年祝賀寒月会
        「独儀30年〜地球を這う」
会場 : えにし庵
      JR学研都市線四条畷駅東へ徒歩15分
内容 : 14:30〜開会
     15:00〜祝賀舞「花粉の如く2019」
           荒木菫(舞)+南澤靖浩(シタール)
     15:30〜トークショー「独儀30年」藤條虫丸
     17:00〜中国茶セレモニー
     18:00〜坊内由香 独儀「たつ」+別所誠洋(トンコリ・per)
     18:30〜虫丸独儀「地球を這う」+浅田トモシゲ(写真映像)
           藤條虫丸(舞)+臼井洋志{ピアノ)・片山旭星(琵琶)
     19:30〜余韻
     20:00〜小宴
料金 : ご祝儀
問い合わせ  080−5256−2182(虫丸)